前へ
次へ

法律の資格はどのようなものがあるか

法律を学ぶことで取得できる国家資格は、弁護士になるための司法試験、司法書士、行政書士となります。
司法試験は大学を卒業してから大学院又は法律の専門学校に通わなければ受験資格を得ることができません。
しかし司法書士と行政書士には受験資格がなく、誰でも受けることが可能となっています。
誰でも受けることができるとはいえ、その難易度はとても高く、司法書士も行政書士も毎年の合格率は数字が一桁となっています。
行政書士の場合はペーパーテストとなりますが、司法書士の場合は面接試験もあります。
人によっては勉強を開始してから3ヶ月で、資格取得できるほどの知識を観につけてしまう人がいますが、そのような人は専門スクールで学んでいるか通信制で必要な知識を取り入れているかの方法を行っていることがあります。
もし独学で資格取得を目指そうとするのであれば、憲法、民法、刑法など法律にかかわる様々な内容を知識として習得し経過なければなりませんから、最低でも1年間の勉強をして資格の試験に挑むのが望ましいといえます。

Page Top